特定非営利活動法人 地球環境カレッジ
トップページへ戻る お問い合わせ利用条件
地球環境カレッジとは 学校・団体の皆様へ 過去のイベント 入会案内 書籍教材関連 事業・会計収支報告 過去のイベント HOME > 過去のイベント >講演会

過去の講演会

GECは、広く一般市民を対象に自然観察会や講演会等による環境学習・教育事業等を行い、地域環境の改善からさらには地球環境問題に配慮したライフスタイルの形成等、環境保全・改善意識の啓発・普及に貢献することを目的としています。そのような観点から、GECでは、世田谷区内とその周辺の一般市民のほか、この分野に興味を持つ各層に広く呼びかけて定例講演会を行っています。これまでに終了した講演会は、以下のとおりです(敬称略)。

2016201520142013201220112010200920082007200620052004

<2017年>
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第153回 7/24 安田 浩保 新潟大学災害・復興科学研究所防減災技術研究部門/新潟大学工学部力学分野 准教授 「河川物理の理解の現状と今後の技術展開の方向性
第152回 7/3 竹本 和彦 一般社団法人 海外環境協力センター 理事長/国連大学サステイナビリティ高等研究所 所長 「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けた取組
第151回 5/29 甲斐 徹郎 株式会社チームネット 代表取締役/関東学院大学 客員教授 これからの都市やまちづくりにおける環境の活かし方を考える
第150回 4/24 和田 恵次 奈良女子大学名誉教授/いであ(株)大阪支社技術顧問 自然史と保全生物学
<2016年>
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第149回 11/28 後藤 敏彦 環境監査研究会 代表幹事 2015年 文明のベクトルが変わった 〜SDGs、パリ協定のインパクト〜
第148回 10/31 塚本 勝巳 日本大学生物資源科学部 ウナギ学研究室 教授 最新のウナギ学 〜私たちはいつまでウナ丼を食べられるか〜
第147回 10/24 竹門 康弘 京都大学防災研究所 水資源環境研究センター社会・生態環境研究領域 准教授 生態系保全のための総合土砂管理のあり方
第146回 09/26 松藤 康司 福岡大学工学部社会デザイン工学科 教授 福岡方式が世界のごみ問題を救う
第145回 07/25 荒 邦章 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 大洗研究開発センター 高速炉技術開発部長 高速炉サイクル技術の役割と展開
第144回 06/27 江崎 保男 兵庫県立大学地域資源マネジメント研究科 研究科長・教授/兵庫県立コウノトリの郷公園 統括研究部長 生態学の理論に基づく生物多様性の保全〜森・川・水田、そしてコウノトリ〜
第143回 04/25 植松 光夫 東京大学大気海洋研究所 国際連携研究センター センター長・教授 海と陸をつなぐ空から見た物質循環と人間環境 −
<2015年>
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第142回 11/24 間瀬肇 京都大学防災研究所 教授 地球温暖化と高潮・高波、および地球温暖化での海岸堤防・護岸の適応策
第141回 10/26 大村達夫 東北大学未来科学技術共同研究センター 教授 水インフラを核とした未来志向型社会イノベーション
第140回 09/28 松井徹 東京ガス(株)ソリューション技術部マネージャー バイオマスからの水素製造技術と技術開発動向
第139回 08/24 田中充 法政大学社会学部長/教授 今日の環境影響評価制度の課題と展望 −火力発電、風力発電を中心に
第138回 07/27 森誠一 岐阜経済大学教授 日本川国論:ざわめく自然を求めて
第137回 06/29 藤原建紀 京都大学名誉教授/いであ(株)技術顧問 川と海の窒素・リン・有機物(COD)
第136回 05/25 福島朋彦 海洋研究開発機構海底資源研究開発センター調査役 海底鉱物資源開発に伴う環境影響評価 − SIPのめざす実用化と国際標準化について −
第135回 04/27 前川 行幸 三重大学名誉教授 地域と連携した藻場再生、新しい海藻養殖の取り組み
<2014年>
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第134回 12/01 松本 郁子 公益財団法人地球環境戦略研究機関 自然資源・生態系サービス領域 研究員 事業者によるバリューチェーン管理と生物多様性・生態系サービスの保全
第133回 11/10 不破 敬一郎 東京大学名誉教授 環境科学と分光分析の歴史と将来
第132回 10/27 占部 城太郎 東北大学大学院生命科学研究科 教授 生態学からみた東日本大震災:生態系の再生と活用に向けて
第131回 10/7 樋口 知之 情報・システム研究機構理事/統計数理研究所所長 ビッグデータがせまる社会の本格的な知能化
第130回 9/22 矢持 進 大阪市立大学教授 都市における水辺の生態系再生 −大阪の海と川のエコロジー−
第129回 7/28 井口 泰泉 自然科学研究機構・基礎生物学研究所・岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授 内分泌かく乱物質の生態影響解明の取り組みについて
第128回 6/23 平田 健正 和歌山大学理事・副学長 土壌地下水汚染対策の展望と課題
第127回 5/26 古川 恵太 横浜国立統合的海洋教育・研究センター客員教授/海洋政策研究財団海洋グループ主任研究員 海洋における生態系調査の考え方について
第126回 4/22 大聖 泰弘 早稲田大学理工学術院 大学院環境・エネルギー研究科 教授 自動車の環境・エネルギー技術に関する将来展望
<2013年>
【公開シンポジウム開催】
開催日 テーマ 主催
3/7 第3回 内湾の機能回復シンポジウム「水環境への提言〜漁業生産を維持するために〜」 漁業用水問題研究会
((独)水産総合研究センター、全国内水面漁業協同組合連合会、NPO法人地球環境カレッジ)
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第125回 12/9 中尾 正喜 大阪市立大学大学院工学研究科 特任教授/大阪市立大学都市エネルギー研究開発センター長/日本ヒートアイランド学会 会長 都市の熱エネルギー資源を利用する
第124回 11/18 上田 茂 鳥取大学名誉教授/いであ(株)技術顧問 船舶の接岸・係留と大型浮体構造物への展開 −船舶接岸用防舷材とPIANCの活動−
第123回 10/28 久米 秀俊 大阪湾広域臨海環境整備センター常務理事 大阪湾フェニックス事業の概要と環境配慮の取組み
第122回 9/30 木島 明博 東北大学副理事,大学院農学研究科教授,東北マリンサイエンス拠点形成事業代表機関代表研究者 東北マリンサイエンス拠点形成事業とこれまでの成果について
第121回 7/22 吉村 伸一 株式会社吉村伸一流域計画室 代表取締役,エンジニア・アーキテクト協会(EA協会) 副会長 次代に残す自然豊かな川づくりの実践
第120回 6/24 中川 雅夫 新日鐡住金株式会社 スラグ・セメント事業推進部 上席主幹 鉄鋼スラグを適用した海域環境改善技術
第119回 5/27 青木 伸一 大阪大学大学院工学研究科 教授 災害の時代を生きる -津波・高潮防災からみた沿岸域のあり方とは-
第118回 4/22 守田 優 芝浦工業大学工学部土木工学科 教授 健全な水環境と地下水管理
<2012年>
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第117回 12/10 西田 修三 大阪大学大学院工学研究科 教授 物質循環の視点から内湾流域圏の水環境を考える
第116回 10/29 中村 由行 独立行政法人港湾空港技術研究所 研究主監 これからの内湾自然再生の方向性とそれを支える科学技術
第115回 07/23 藤江 幸一 横浜国立大学大学院環境情報研究院 教授 物質収支・エネルギー収支の解析から考える持続可能社会と対策
第114回 06/26 山本 光夫 東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任准教授,海の緑化研究会 会長 鉄を利用した海の緑化と沿岸域の環境保全
第113回 05/28 河野 吉久 電力中央研究所 研究アドバイザー オゾンの植物影響−森林生態系と食糧生産への影響
第112回 04/11 中村 太士 北海道大学大学院農学研究科 教授 生態系評価を地図化する試み
第111回 02/06 谷口 博昭 芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科 教授 グローバル化時代のインフラ
<2011年>
【公開シンポジウム開催】
開催日 テーマ 主催
11/30 第2回 内湾の機能回復シンポジウム「漁業生産を維持するための水環境」 漁業用水問題研究会
((独)水産総合研究センター、全国内水面漁業協同組合連合会、NPO法人地球環境カレッジ)
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第110回 12/12 芦田 譲 NPO法人 環境・エネルギー・農林業ネットワーク 理事長 日本をめぐる国土・資源・エネルギー問題
第109回 09/05 西川 肇 いであ(株)技術顧問,日本大学生産工学部非常勤講師,新疆大学客員教授 地球観測衛星による自然環境のリモートセンシング
第108回 06/27 三浦 裕二 日本大学名誉教授,NPO法人都市環境研究会 代表 舟運展望
第107回 05/23 藤田 愼一 財団法人電力中央研究所 研究顧問 東京の降水成分の経年変化−明治から平成まで−
第106回 04/25 田中 克 財団法人国際高等研究所 フェロー 森と海をつなぐ森里海連環の今日的意義
第105回 01/24 島田 浩二 東京海洋大学海洋科学部海洋科学科 環境システム科学講座 准教授 変わりゆく白い海、北極海 〜南極の氷は石鹸、北極の氷はシャボン玉〜
<2010年>
【公開シンポジウム開催】
開催日 テーマ 主催
11/25 内湾の機能回復のための海と陸からのアプローチ 漁業用水問題研究会
((独)水産総合研究センター、全国内水面漁業協同組合連合会、NPO法人地球環境カレッジ)
【定例講演会】
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第104回 12/13 山岸 哲 財団法人山階鳥類研究所 名誉所長, 新潟大学朱鷺・自然再生学研究センター センター長 朱鷺の話−野生復帰から私たちは何を学んだらよいか
第103回 10/04 鑪迫 典久 独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター環境暴露計測研究室 主任研究員 今後期待される環境管理手法−日本版WET導入の最新動向
第102回 09/03 竹内 裕 東京海洋大学 先端科学技術研究センター 准教授 サバにマグロを産ませる 〜代理親魚技術の開発〜
第101回 06/07 渡邊 朝生 (独)水産総合研究センター中央水産研究所 海洋データ解析センター長 水産分野における海洋観測情報の活用
第100回 05/24 田畑 日出男 NPO法人地球環境カレッジ理事長 地球環境カレッジのあゆみ 〜環境教育への思い〜
松尾 友矩 東洋大学理事 これからの環境問題
第99回 04/19 竹村 公太郎 (財)リバーフロント整備センター 理事長 河川環境行政の変遷 -近世から近代そしてポスト近代へ-
第98回 02/08 指宿 堯嗣 産業環境管理協会 常務理事 大気および水質環境計測の標準化
<2009年>
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第97回 12/09 細川 恭史 (財)港湾空間高度化環境研究センター(WAVE)専務理事 私の干潟研究の歴史
第96回 11/16 中北 英一 京都大学防災研究所 気象・水象災害研究部門 水文気象災害研究分野 教授 最新型偏波レーダー、ゲリラ豪雨災害と気候変動による水災害影響評価
第95回 10/05 日比谷 紀之 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 教授 地球の気候をコントロールする深海のミクロな現象
第94回 09/14 中野 拓治 農林水産省 東海農政局 土地改良技術事務所 所長/工学博士 今後の農業農村整備事業の展開方向
第93回 08/10 中田 薫 独立行政法人 水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部長 水産分野における地球温暖化対策研究戦略について
第92回 07/06 鈴木 輝明 愛知県水産試験場長 豊かな内湾再生を目指して
第91回 06/22 柏原 聡 いであ(株) 大ダム会議参加報告
原 宏江 いであ(株) 第5回世界水フォーラムにおけるWEPAの活動と成果
松村 徹 いであ(株) ISO/CASCO(適合性評価委員会)及びREMCO(標準物質委員会)について-化学物質に関する標準物質と技能試験に係る国際規格の動き-
第90回 04/20 山村 和夫 共同船舶株式会社 代表取締役社長 捕鯨産業の過去・未来
<2008年>
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第89回 11/17 山田 正 中央大学理工学部土木工学科 教授 都市型豪雨災害と危機管理
第88回 10/20 横山 勝英 首都大学東京 都市環境学部 都市基盤環境コース 准教授 河口域の土砂動態と地形・底質形成について
第87回 09/01 屋井 鉄雄 東京工業大学 総合理工学研究科 人間環境システム専攻 教授 社会資本の構想段階の計画策定プロセスと戦略的環境影響アセスメント
第86回 07/24 福岡 捷二 中央大学理工学部 特任教授、中央大学研究開発機構 教授 社会資本整備審議会答申「水災害分野における地球温暖化に伴う気候変化への適応策のあり方について」−解説−
第85回 07/14 安藤 晴夫 東京都環境整備公社 東京都環境科学研究所 調査研究科 主任 モニタリングデータから見た東京湾の水質と水生生物の長期変化
第84回 06/16 細見 正明 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 教授 水田は地球を救えるか?
第83回 04/14 仙波 惇 いであ株式会社 技術顧問 コスモスクエア地域について
佐藤 友美子 (財)サントリー文化財団 上席研究フェロー 成熟化社会におけるまちづくり
第82回 04/21 岩瀬 晃盛 NPO法人環境統計統合機構 理事 環境データを扱う中での統計学的な姿勢
第81回 02/16 神内 俊郎 株式会社国際DIS研究所 代表取締役 ディジタル ルネッサンス
<2007年>
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第80回 12/10 月川 憲次 (財)東京都環境整備公社東京都環境科学研究所 副所長 東京都における自動車公害対策について
第79回 11/26 桑子 敏雄 東京工業大学大学院 社会理工学研究科 教授 合意形成とプロジェクト・マネジメント
第78回 11/14 若林 明子 淑徳大学 国際コミュニケーション学部 人間環境科学科 教授 化学物質の水生態系への影響
第77回 10/09 清野 聡子 東京大学大学院 総合文化研究科広域学科 助教 海洋基本法時代の海岸環境保全と市民参加
第76回 07/23 須藤 隆一 埼玉県環境科学国際センター 総長/特定非営利活動法人環境生態工学研究所 理事長 水環境と地球温暖化をめぐって-知ることからはじまる-
第75回 07/10 古米 弘明 東京大学大学院工学系研究科 教授 都市自己水源の再認識と持続的水利用に向けた水質リスク評価
第74回 05/21 角 哲也 京都大学経営管理大学院 准教授 貯水池土砂管理と河川環境〜ダムと流域の持続的管理を目指して〜
<2006年>
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第73回 11/13 村山 貢司 (財)気象業務センター振興部 専任主任技師 〜天気と健康の豆知識〜『気象と健康-健康予報について-』
田村 照子 文化女子大学大学院 生活環境学研究科 教授 〜天気と健康の豆知識〜 『気象とアメニティ-衣からのアプローチ-』
第72回 10/30 島谷 幸宏 九州大学大学院 工学研究院 環境都市部門 教授 『多自然型川づくりから多自然川づくりへ―新しい時代の総合的な河川整備』
第71回 09/05 延東 真 東京海洋大学 海洋科学部 教授 『魚の自発摂餌-魚類養殖と環境毒性評価への応用-』
第70回 05/15 尾田 榮章 NPO法人日本水フォーラム 代表理事 『第4回世界水フォーラムからの報告 -日本は何を為すべきか-』
第69回 04/03 永淵 修 千葉科学大学 教授 『環境データと統計学の融合』
第68回 03/20 初鹿 宏壮 (財)電力中央研究所 『地球規模の長期気象データ』
第67回 01/10 高橋 裕 東京大学 名誉教授/国土環境(株)顧問 『民衆のために生きた土木技術者たち』
<2005年>
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第66回 09/20 入江 功 九州大学 名誉教授/国土環境(株)顧問 『海岸の自然再生をめざして ―漂砂とかかわりあって40余年』
第65回 04/25 初鹿 將之 東京電力(株) 執行役員 『地球温暖化問題と電気事業の取り組み』
第64回 03/07 村野 正昭 東京海洋大学 名誉教授/国土環境(株)顧問 『南極の海と生物』
第63回 01/17 吉野 正敏 国連大学 上席学術顧問/国土環境(株)顧問 『最近の東アジアの黄砂と地球温暖化』
<2004年>
回数 開催日 講師 ご所属 演題
第62回 12/13 山崎 亨 日本野生動物医学会 理事/国土環境(株)顧問 『野生動物と人間とのかかわりについて―人獣共通感染症・外来種・希少種問題等の事例から』
第61回 11/01 福代 康夫 東京大学 アジア生物資源環境研究センター 教授 『バラスト水管理条約の概要とわが国の対応について』
第60回 06/14 柳下 正治 名古屋大学大学院 教授 『環境政策における「参加型手法」―市民参加による循環型社会創生の社会実験』

このページのTopへ

Copyright(c) 2008 Global Environment College. All Rights Reserved.