子ども環境カレッジ「鳥みっけ!&とりパン入門」

日時 2012年1月28日(土) 9:30〜12:00(受付時間 9:15〜9:30)
実施場所 GEカレッジホール、駒沢付近の住宅地・公園など
集合場所 GEカレッジホール(世田谷区駒沢3-15-1 いであ株式会社2階)
参加費・
参加申込み
申込みは終了しました
無料 【→案内チラシ(参加申込書付き)】[PDF:643KB]
対象 一般(小学3年生以下のお子さんは保護者同伴でお願いします)
参加者数 21名(大人5名、小人16名)
講師・スタッフ 原田 俊司、西 浩司、樋村 正雄、萩原 陽二郎、井上 由美、手塚 文江、菊地 心、早川 弘美
内容 都会の人工的な環境でも、鳥たちは、たくましく生きています。今回のイベントでは、この都会に暮らす鳥たちをあらためて見てみたいと思います。まず、街中を歩いて、どこにどんな鳥がいたかを観察し、記録することを体験しました。また、バードフィーダー(えさ台)づくりを体験し、あわせて、鳥にえさをあげる際のマナー等について学びました。

<プログラム>

9:15〜 受付開始
9:30〜 レクチャー(GEカレッジホールにて)
・プログラムの流れ、鳥の体や鳥の観察方法等についての解説
9:50〜 鳥みっけ!出発
・駒沢周辺の住宅地、公園にて鳥の観察
11:10〜 解説(GEカレッジホールにて)
・見つけた鳥のおさらい、マップづくりの紹介
11:30〜 えさ台づくり
・牛乳パックやペットボトルでえさ台をつくります。
11:50〜 ふり返り、アンケート記入
12:00 解散
観察できた生きもの ●鳥
オナガ、シジュウカラ、キジバト、ドバト、スズメ、ツグミ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
オナガ
オナガ
シジュウカラ
シジュウカラ
キジバト
キジバト
ドバト
ドバト
スズメ
スズメ
ツグミ
ツグミ
ハシブトガラス
ハシブトガラス
ヒヨドリ
ヒヨドリ
ムクドリ
ムクドリ
メジロ
メジロ
活動風景 はく製を用いて鳥の体について解説
はく製を用いて鳥の体について解説
鳥の観察風景
鳥の観察風景
牛乳パックでえさ台をつくる
牛乳パックでえさ台をつくる
完成したえさ台
完成したえさ台
鳥(はく製)の羽根にさわる子供たち
鳥(はく製)の羽根にさわる子供たち
オマケ:針金ハンガーだらけのカラスの巣
オマケ:針金ハンガーだらけのカラスの巣

Copyright(c) 2008 Global Environment College. All Rights Reserved.